06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

ふた坪花屋 アルベーロ

栃尾のピッツァ&カッフェ アルベーロに併設された、たった二坪の花屋です。四季折々の良質な花と、丁寧に束ねられたブーケやアレンジメントをぜひご利用ください。お花のお受け取りは午後8時まで可能です。

--. --:--:-- -edit

--

--

co: --

tb: --

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

△page top

Wed. 14:07:40 -edit

02

24

co: 0

tb: 0

2016/2/20 Snow full course 会場装花 

昨年夏より地方創生の活動の一環である、「ながおか若者会議」に参加させていただいております。
いくつかのチームにより編成されているのですが、私は「食チーム」。
今回は【Snow full course】という、「雪」をテーマにしたイベントを開催いたしました。

雪国ながおかの自然があるからこそ生まれる美味しい食材「米・野菜・水」、それを先人たちの知恵で生かしてきた「酒・味噌・様々な保存食」、そしてそれを【創意工夫】して次世代へと継承していく事の出来る地域性と人柄。
そういった全ての文化に敬意を表した、一夜限りの特別なお食事会です。

シェフは日頃より進んで地元食材と向き合っておられる、「越後の台所 すずきち」鈴木将さん、「あさひ山蛍庵」曽田努さん、「とちおの洋食屋さん espoir」高林正和さん、「Patisserei VIGO」河上剣斗さんの四名。
それぞれの一皿に合わせて選んだ日本酒とのマリアージュで、本当に豊かな気持ちになれるフルコース。
ゲストの皆さまも、味はもちろんですが、色彩豊かで細部まで「ながおかの冬」をイメージした世界観に大変感激していられました。

はる1

会場内は、小国和紙さんと長岡造形大学の学生たちによる、和紙とライトを融合させた装飾が施されました。
また、外にはファイバークラフトの中にライトを入れたものを設置し、ゲストの方は雪原の雪灯りを眺めながらのお食事となりました。

01.jpg
↑ゲストをお迎えする前のテーブルコーディネート。
中央に小国和紙とわっぱを使った学生作のライト。ランチョンマットも小国和紙で、長岡の自然豊かな「海・山・川」をイメージ。
ランチョンマットはお品がきも兼ねており、わくわくするようなメニューがずらり。

02242.jpg
↑こちらの和紙ライトは一輪ざしも兼ねており、スカートをはいているようでかわいらしいです。
今回のお花のイメージは、二月という事もあり、「早春を待ちながら、冬を楽しむ一夜」。新芽の緑が美しい木イチゴの枝や、本当に淡くて渋めの桃色で統一しました。
(小国和紙のコサージュ・お花はゲストの方へのお土産に

今のながおかは、週末・平日問わず色々な場所でイベントが開催されています。
私も、仕事や時には子供を連れてプライベートで出かけますが、「けっこう花って飾られていないんだな」と常々思います。
確かに限られた予算の中で「花の演出」というのは厳しいのかもしれません。
ただ、【あってもなくてもいいもの】というはかない美の中には、驚くほど人を感動させる魅力があります。
消えてしまうからこそ印象に残る・花でしか表せない季節感。

「いつも素敵なお花が迎えてくれるよね」
そんな文化都市「ながおか」になると、とっても素敵だなと思う今日この頃です。
スポンサーサイト

カテゴリ: 未分類

△page top

コメント

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://jiojiostudio.blog.fc2.com/tb.php/25-a8959a31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

最新記事

Translation(自動翻訳)

clover-clock

カテゴリ

カウンター

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。